アマゾンの検索結果からASINを抽出する方法

前回、効率的な商品リサーチのためにボクは、ASIN収集という長く困難なゴールの無い道のりに旅立ちました。

しかし、あまりに手間が多い純手動ASIN取得の手順の中から、まずは

URL→ASINの部分を何とか工夫できないか?

と前回トライして、Excel関数の力を借りて無事に効率化することができました!

そして、今回は、アマゾンの検索結果→URLを抽出することによって、さらなる効率化を図っていきます!


検索結果はURLの集合体

商品ページを表示→URLをコピぺ→(Excel関数)→ASINへの変換が前回できるようになったことで、
「URLの中からASINを探す」という面倒はなくなりました!

しかし、まだURLをコピーするために、各商品ページを表示させています。

でも、「商品ページのURL」って商品ページを表示しなくても、アマゾン検索結果一覧の中にありますよね・・・?

検索結果の例)

searchresult1

各商品をクリックすると商品ページが表示される、ということは・・・

そう、検索結果やセラーのストアページには、すでに表示されている全商品の商品ページのURLが組み込まれています!

つまり、検索結果ページは商品ページのURLの集合体なのです!

URLを取得せよ!

では、どうやったらこの検索ページから商品ページを開くことなく、商品ページのURLを取得できるでしょうか?

右クリック

クリックするときに左クリックではなく右クリックして「リンクのアドレスをコピー」すれば、

rightclick1

商品ページを表示することなくURLをコピペすることができます!

ツール:LinkClumpの活用

うーむ、たしかに右クリックを使ってコピペすることで、商品ページを開く、という手間が省けました!

しかし、これではまだ商品1つ毎に右クリックをしないといけません。

正直だいぶ手間です!

そこでボクが使ったのがブラウザ:chrome用の拡張機能「Linkclump」です。

使い方は、ほとんどこのページを参考にしました!

Chromeで複数のリンクをまとめて開ける Linkclumpで遊ぼう!!

ポイントは、LinkclumpのOption設定画面で、

linkclump1

初期設定だと「Opened as New Tabs」のみが設定されていますが、
「Add Action」をクリックして、新しいActionを作成します。

linkclump2

リンクを「新しいウィンドウで開く」から「クリップボードにコピー」を選択すると共に、

コピーフォーマットも「URLとテキスト」から「URLのみ」に変更します。

これで「Save(保存)」してLinkclumpの設定画面に戻ると、下のように新しいアクションが追加されています。

linkclump4

この追加された「Copied to clipboard」を使って作業していきます。
(「Opened as New Tabs」の方は「Delete(削除)」してしまってもかまいません)

このアクションを実行するためには、画面に書いてあるように、
「shift」キーを押しながら「左ボタンでドラッグ」して商品群を選択していきます。
※どのボタンやキーをこのActionに割り当てるかも「Edit」で設定することができます。

実際やってみるとこんな感じにリンクが囲まれます(shift+左クリックで紫の線の範囲をドラッグしています)↓↓↓

linkclump3

この囲まれた部分のリンク(URL)が一気にコピーされます。
ちなみに、画像の右下の「21」というのは選択範囲の中に含まれるURLの数を表しています。

そしてコピーしたURL群を、前回作成したExcelのURL部分(A列)にペーストすると、なんと・・・

linkclumptoasin

ずらずらっとURLからASINが抽出されました!

・1つの商品につき、画像/商品名/価格で3つ同じASINが並んで出てきたり、
・ASINを判断するための「dp/」がURLに含まれていない(商品ページじゃなく出品しているセラー一覧ページ)ためASINが抽出されず空白になったり

とキレイには行かない箇所があるため、最終的にはExcel上で「重複を削除」等を行うことで、

待望のASINリスト化!!

そしてこのASINリストを

ASIN→商品情報取得ツールへ投入していきます

何とかかんとか、まだまだ拙いですがASIN取得に関しては、純手動時代の

  1. アマゾンで「並行輸入」で検索、またはイケてるセラーのストアページを表示
  2. 検索結果またはストアページの商品をクリック
  3. 商品ページが表示されたらURLの中からASINを探してコピー
  4. ASINリストへ貼り付け
  5. 次の商品へ
  6. そのページの商品が全て終わったら次のページへ

だったのが

  1. アマゾンで「並行輸入」で検索、またはイケてるセラーのストアページを表示
  2. 検索結果またはストアページの商品をLinkclumpで一括リンク取得
  3. ASINリストへ貼り付け
  4. 次のページ次のページへ
  5. 1日の作業が終わったらExcelで「重複を削除」してASINリストへ

と商品単位→ページ単位へ作業が変わることで、効率約20倍?

純手動(マニュアル)→半自動(セミオート)

くらいまで来ることができたような気がします。

この半自動方法を2015年の3月中旬に始めてから、
3~4月の中旬くらいまでは

  • ASINを集める
  • 自作ツールで商品情報を収集してマスタに取り込む
  • 価格差チェックでふるい落とされなかった仕入れ候補をリスト化
  • その過程で見つけたイケてるセラーのリスト化
    を毎晩深夜まで進めていました。

    ※このセラーリストが次のステップで活躍してくれました。


こうやって地道に作業を進めていくことで、集まった商品マスタの数は、

2015年3月末の日本商品マスタのASIN数:   2,262
2015年4月末の日本商品マスタのASIN数:41,273

と、確実に増えていきました!

マスタデータが増えるにつれて、無事に価格基準を満たす、仕入れ対象商品を多数見つけることができたため、

ついに初めての仕入れ→販売を開始して、いよいよ輸入ビジネスが幕を開けました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です