副業とFBAのバツグンの相性

前回の記事

「アマゾン輸入」の特殊性、それは
1つはASIN
もう1つはFBAです

と書きました。前回ASINについて紹介しましたので、
今回は稼ぐ、というよりは「副業」の面で大きな役割を果たす「FBA」についてまとめてみました。


FBAとは

Fulfillment By Amazonの略で、
じゃあFulfillmentって何だ?というと「実現」「達成」「遂行」といった意味合いの単語になります。

ではFBAとは「アマゾンによる遂行」?何のこっちゃ、ですよね。

FBAって具体的に何をしてくれるのか、というと、

「販売主がアマゾン倉庫に商品を納品することで、売れた後のことはアマゾンが発送~請求~返品(返金)対応までやってくれる」

ということです。

たとえば、ヤフオク!等のオークション販売と比較してみましょう。

(今思うとゾッとする話ですが)
ボクは昔副業として、輸入サプリメントのオークション販売を試みたことがありましたが、出品も面倒ですが、売れた後はもっと大変でした。

  • 購入者との連絡
  • 入金確認
  • 商品の梱包&発送
  • 購入者への評価づけ

今回のアマゾン輸入では、これらの作業がFBAのおかげでほぼすべてなくなりました!
(自分のセラーとしての評価が欲しければ購入者への評価依頼メール送信等は必要になりますが、購入者への評価づけは存在しません)

正しくラベルを貼ってアマゾンのFBA倉庫に納品してあるだけで、あとは売れさえしたら、

  • 知らぬ間に顧客に注文確認メールが送信されて
  • 知らぬ間に顧客に「発送しました」メールとともに商品が発送されて
  • 知らぬ間に顧客が返品したいと思ったらアマゾン上から返品手続きを受けて、
  • 知らぬ間に売り上げが減って顧客に返金されています;;

本業の人からすると物足りないかもしれませんが、副業で本業が忙しいボクにとってはうれしすぎます!!!

では、FBAとは何か?を一言で表現するならば、

「それ、アマゾンがやっときますよ」

かな、と思います。サンキューアマゾン!

FBAが無ければ、アマゾン輸入を副業に選ばなかったと思います(マジです)


FBAのメリット

  • めんどくさいことの大部分をアマゾンが代わりにやってくれる

性分にもよるのでしょうが、ボクは梱包とか発送が大キライです!!
もしFBAが無かったら、1万円未満の商品を販売するようなことは無かったと思います。
発送ごとに1000~2000円利益が出るとしても、自分ではやりたくないからですw
(誰か雇えばいいのでしょうが、いきなりそんな副業はハードルが高いですよね)

でもFBAのメリットはそれだけではありませんっ

  • 在庫の保管場所を持たなくても良い

今、月に500個や1000個販売しても、普通の生活が送れているのは、在庫が全部アマゾンのFBA倉庫にあるおかげです。
もしFBA倉庫がなかったら・・・家に在庫部屋ができて妻に怒られている自分の姿が鮮明に目に浮かびます。。

  • 信頼度が上がる

アマゾンのFBA倉庫に在庫を置いて売る、ということは、配送などはアマゾン自体の在庫と同様に扱われる、ということです。

img-prime

購買意欲が高いアマゾンのプライム会員に対して、送料無料原則翌日配送可能、というこのプライムマークが表示されることで、

すでに商品がアマゾンの倉庫にあって、アマゾンが責任をもって商品を発送する、ということが購入者に伝わります。

そのおかげで、購入後に

「やっぱり在庫がないのでこれから商品を手配します」
「在庫があるけれど発送は週明けになります」
「お金を払ったけど商品がまだ届きません」

といったトラブルが起きる心配をせずに購入できるわけですね。

プライムマーク=アマゾンなら大丈夫だろうという信用のおかげで、
始めたばかりのセラーでも一定の信頼を得ることができて、いきなり売り上げを上げることができるわけです。

  • 販売力が上がる

アマゾンの商品ページを見ると、「価格」というところがあります。

 

cartprice2

実はこれは、同じ商品を売っているたくさんの出品者(セラー)の中の、1セラーの価格が表示されています。

cartprice3

「新品の出品:10」となっているように、同じ商品を出品しているセラーが10人いますし、少なくとも他の2名は同じ価格で出しているわけです。

それでもこの瞬間「価格」に表示されている(「カートを獲得する」と言います)セラーは1人だけですし、
このまま特に他のセラーの価格や評価を検討することなく「カートに入れる」を選んだ場合、カートを獲得しているセラーの在庫が売れるわけです。
そして、アマゾン顧客の多くがカート獲得セラー以外のセラーとの比較検討をせずに購入すると言われています。

つまり、カートを獲得しないかぎりいくら商品を並べていても「売れない」というわけです。

では、どうやったら「カート獲得」できるのか?

カート獲得の原理についてはまだ解明されていない点も多く、ここでは語りきれませんが、
基本的には価格が大きな要素になりますが、同じ価格ならばFBA納品しているセラーのほうが自分の倉庫から出荷するセラーよりもカートを取りやすい、というのが通説です。

ボクの体感でも、1年近く前よりも今のほうがカート獲得面で
「FBAセラーが自己出荷セラーより優遇されるようになってきている」と感じています。

すなわちFBA=カート獲得への近道と考えると、販売力向上=単に売れるというだけではなく、
「より高く販売できるようになる」という面でも大きなFBA利用によるメリットといえます。


FBAのデメリット

実はメリットのあまりデメリットについてはあまり感じていないのですが、

なんというか当たり前といえば当たり前ですが

そんなに便利なFBA

ボクの面倒な作業を代わりにやってくれる・・・すなわち外注化=アウトソースされているわけですから、

いちいち費用がかかります。

・在庫の保管場所を持つ必要がない
→在庫の保管手数料が取られます。。長期保管になるとさらに取られます。

・梱包~発送しなくてすむ!
→出荷作業手数料をいただきますよ

では、FBAを使うことで、いったいどのくらい費用がかかるのでしょう?

アマゾンが用意しているFBA料金シミュレーターに適当に数字を入れてためしに見てみましょう。
FBA料金シミュレーター

fbasim

「FBA発送の場合」となっている右の価格です。
(左の「自社発送の場合」の「商品代金」と「配送料」もボクがサンプル的に入れてみたもので特に深い意味はありません)

「販売手数料」はアマゾンで商品を売るなら自社発送でもかかる料金のため、FBA発送の場合にアマゾンに支払う費用は

出荷作業手数料+月次の保管手数料(納品してすぐに売れればほとんどかからないが、長期間倉庫で管理すると増加していく)

→この画像でいう「フルフィルメント費用小計:578円」の部分です。

いやー、この金額でやってもらえるならこれは・・・「メリット」ではないでしょうかw

あとは、FBAを使わなければかからない作業や費用としては、

・商品FBAラベルの貼付
・商品のアマゾン倉庫への送料

などがありますが、ボクの今のコスト計算上は両方あわせて、1アイテム平均60円(大型商品は300円)で計算しています(実際はもっと安いと思いますが、利益にある程度バッファーを持たせるため厳しめに見ています)

今回はここまでです。読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です